知らないとバストが老ける!? バストが垂れる「原因」

知らないとバストが老ける!? バストが垂れる「原因」

 
「年だからバストが垂れるのは仕方がない…」なんて諦めてはいませんか?
バストが垂れる原因には年齢的なものと、生活習慣によるものがあります。詳しい原因を知り、ハリのあるバストの維持に役立てましょう!

年齢的な原因

知らないとバストが老ける!? バストが垂れる「原因」

バストが垂れる代表的原因が加齢です。でも、なぜ年を取るとバストが垂れてしまうのか、詳しく知っていますか?

その理由のひとつに、年齢と共に変化するホルモンバランスが大きく関わっています。バストのハリや大きさを保つためには、女性ホルモンの分泌が欠かせません。
しかし年を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量が減少し、乳房がしぼんで垂れ下がってしまうのです。

また、女性の体には一生のうちに何度も変化が訪れます。
特に出産は、バストサイズが一時的に大きくなった後に元に戻るという、大々的な変化が起こるもの。これによってバストを支えるクーパー靭帯や乳房の皮膚が伸び、下垂の原因となってしまうのです。

他にも加齢によるたるみ皮下脂肪の増加など、年齢を重ねるごとにバストが垂れる原因が増加していきます。

生活習慣による原因

知らないとバストが老ける!? バストが垂れる「原因」

私たちが毎日何気なくしている習慣やクセにも、バストの下垂を招くものがたくさんあります。

まずは普段の姿勢です。あなたの背中は丸まっていませんか?
猫背はバストを支える大胸筋を衰えさせ、下垂の原因となります。そのうえ血行不良が起こってバストに十分な栄養が行き渡らず、ハリの低下にも繋がります。

そしてブラジャーを正しくつけていないことも、下垂の進行を早めます。バストが正しい位置で固定されていないため、クーパー靭帯が伸びてバストが垂れ下がってしまうのです。

中でも特に注意をしたいのが、運動中の揺れです。
ジョギングなど、体が揺れる動作を繰り返すと、クーパー靭帯が損傷して切れてしまいます。
切れたクーパー靭帯は元には戻りませんから、バストラインの激しい崩れに繋がってしまうでしょう。

毎日の積み重ねで対策を!

上述した原因を見てみると、意外と自分で防げることが多いと気付きませんか?
特に生活習慣によるものは、自ら意識をしていけば着実に変えていけます。良い姿勢を心がける、バストを正しい位置に固定できるブラジャーの常時着用で下垂防止に繋げましょう。

年齢的なホルモンバランスの崩れを防ぐには、食生活睡眠時間の見直しが最適です。正しい食事や十分な睡眠をとることで、女性ホルモンの減少を遅らせることができますよ。ストレス解消を心がけたり、恋心を忘れない生活をすることもおすすめです。

毎日の積み重ねで下垂の原因を打ち消し、ハリのあるバストを維持していってくださいね。



美を求める女性のためのサイト

バストアップ

体を動かす

化粧品


Copyright © 2017 ViLady|美を求める女性のためのサイト. All Rights Reserved.