「低体温」と「バストアップ」の良くない関係!

「低体温」と「バストアップ」の良くない関係!

 
バストアップを阻むものは、生活環境などさまざまなものがあります。そのなかでも女性に多い低体温が、バストアップに悪影響を及ぼしているのです。
低体温とバストアップの関係を見ていきましょう!

低体温となる原因とは?

女性の多くが悩んでいる低体温は、血行不良がおもな原因となっています。

例えば、人は寒いと感じると体の表面の毛細血管を収縮させて体温調節するのですが、冷え性だとこの収縮した血管がいつまでたっても回復しにくいです。

また、ホルモンバランスの乱れによる自律神経の狂いによる冷えなどによっても低体温は引き起こされます。

低体温がバストアップに欠かせない「女性ホルモンの分泌」を阻害する!

「低体温」と「バストアップ」の良くない関係!

低体温がなぜ問題となるのかというと、バストアップに女性ホルモンが密接に関わっているからです。

女性ホルモンを作る卵巣は、温かい状態でないと正常に機能しません。

現代社会では、基礎体温が36.0℃を下回る低体温女性が増えています。低体温が続くと卵巣の働きが弱まり女性ホルモンが十分に分泌されなくなってしまいます。
それにより、バストアップできないだけでなく、月経不順無排卵不妊といった辛いトラブルも起こってしまうのです。

一度ご自身の基礎体温を確認してみましょう。朝に目が覚めてベッドから起き上がる前の安静な状態で体温を測ってみて下さい。その場合は、婦人体温計を使うことをおすすめします。

また、他の簡単な方法でも確認することができます。脚の付け根から少し上の辺りを触ってみてください。冷めたく感じる方は要注意です。女性ホルモンの工場である卵巣が、弱っている恐れがあります。

どんなにバストアップに良いものを摂っても、低体温により卵巣がきちんと働かなければ、女性ホルモンは十分に分泌されないということを覚えておきましょう。

体温アップ方法とは?

どのような方法で体温をあげることができるのでしょうか?

まずは、ふくらはぎお腹を温めることが大切です。
ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれるように、血液を送り返すポンプの働きをします。ふくらはぎを温めれば、体に温かい血液が流れやすくなります。

お腹まわりは卵巣や子宮といった大事な臓器があるので、夏でも腹巻きをしたり、お湯を入れたペットボトルを当てるなどして温めるようにしましょう。

また、栄養バランスが取れた食事を摂るといった、生活習慣を見直すことも大切です。
まずは、血液循環をよくして体温をアップさせ、低体温を改善することからバストアップを始めてみてはいかがでしょうか。



美を求める女性のためのサイト

バストアップ

体を動かす

化粧品


Copyright © 2017 ViLady|美を求める女性のためのサイト. All Rights Reserved.