紫外線だけじゃない! シミができる主な原因3つとは

紫外線だけじゃない! シミができる主な原因3つとは

 
「シミを作らず、美しい肌を保っていきたい!」というのが女性の本音ですよね。
しかし私たちの日常の中には、シミを作り出す原因がたくさん潜んでいます。
その原因と、それぞれのシミの特徴や予防策をご紹介します!

シミができるメカニズム

肌の奥にはメラノサイトという、メラニン色素を作り出す細胞が存在しています。
何らかの原因でこの細胞が活性化すると、メラニン色素が生成されてシミができてしまうのです。
では、メラノサイトを活性化させる要因は何なのでしょうか。
私たちの日常生活で起こりうる、シミの主な原因を探ってみましょう。

原因1.紫外線

紫外線だけじゃない! シミができる主な原因3つとは

皆さんご存じの通り、シミができる一番の原因が紫外線です。
UVBという波長の短い紫外線が、皮膚細胞を直接攻撃してきます。
するとその攻撃から細胞を守るために、メラノサイトがメラニン色素を作り出してしまうのです。

≪紫外線でできるシミの特徴・予防策≫
褐色の色素斑で、顔の場合は日光が当たりやすい額や頬にできることが多くなっています。
顔以外だと手の甲、腕、胸元、背中など、露出をする部分に多く見られます。
露出する部分には日焼け止めを塗るなど、積極的な紫外線対策がシミ予防につながるでしょう。

原因2.ニキビなどの炎症

ニキビや火傷など、肌の炎症がシミの原因となります。
炎症が回復すると同時にメラノサイトも活性化し、色素沈着が発生してしまうのです。
他にも化粧品によるかぶれや虫刺され後も、同じ理由からシミができる場合があります。

≪炎症でできるシミの特徴・予防策≫
炎症後のシミは、炎症が起こった部位に集中してできます。
年齢や性別に関係なくできるのが特徴で、時間が経つにつれて薄くなる傾向にあります。
炎症によるシミを予防するためには、炎症を素早く治すことと、肌を刺激しないことが重要です。
虫刺されの場合は、かゆみ止めを塗って肌をかきむしらないようにしましょう。

原因3.活性酸素の発生

睡眠不足やストレスなどで体内に活性酸素が発生すると、メラノサイトを刺激するホルモンが分泌されます。
その結果メラニンが生成され、シミとなってしまうのです。
なお、活性酸素はUVAという波長の長い紫外線、喫煙、飲酒などでも発生します。

≪活性酸素でできるシミの特徴・予防策≫
活性酸素は健康な細胞を破壊し、炎症を引き起こします。
そのため、シミだけでなくニキビや吹き出物など、さまざまな肌トラブルと共に発生することが多くなるでしょう。
日頃から睡眠をしっかりとってストレスをためないこと、紫外線をブロックすること、タバコやお酒の量を控えることがシミ予防につながります。



美を求める女性のためのサイト

バストアップ

体を動かす

化粧品


Copyright © 2017 ViLady|美を求める女性のためのサイト. All Rights Reserved.