肌荒れの原因は食べ物にある? 肌荒れが起きやすい食品

肌荒れの原因は食べ物にある? 肌荒れが起きやすい食品

 
なかなか治らない肌荒れ、辛いですよね。肌荒れが起きると不健康に見えたり化粧のりが悪くなったりと、良いことがありません。
肌荒れは間違ったスキンケア方法や肌に合っていない化粧品の使用だけでなく、食生活にも原因が潜んでいます。
肌荒れが起きやすい食品を食べ過ぎていないか、チェックしてみましょう。

肌荒れが引き起こされるメカニズム

食品によって肌荒れが引き起こされる場合、体の中ではどんなことが起きているのでしょうか?
肌の状態は、内臓の状態を映し出す鏡だといわれています。化粧品でどんなに外側をケアしても、内側からの栄養が足りなければ健康的な皮膚を作ることができません。

好き嫌いが多く、栄養が偏りがちな人は肌を健康に保つための必要なビタミンB群や、透明感やハリのある肌を作るためのビタミンCが足りなくなっている可能性があります。

また、塩分が多すぎる食事を積極的に食べている人は、不要な塩分を体外へと排出するために腎臓やすい臓を酷使し、肌荒れが起きやすい状態になっているかもしれません。
肌荒れを防ぐためには、さまざまな食品をバランスよく摂取することが大切なのです。

食べ過ぎると肌荒れが起きやすい食品

肌荒れの原因は食べ物にある? 肌荒れが起きやすい食品

脂質が多い食品は、皮脂腺を刺激して皮脂の分泌を活発にする恐れがあります。
たとえば、チョコレートやポテトチップスのような油分の多い菓子類には注意が必要です。肌荒れを起こしがちな人にとって、油分の多い食品はニキビや吹き出物の状態を悪化させたり、新しくできやすくする可能性が高いといえるでしょう。

しかし、脂質が皮脂を分泌させるからといって徹底的に脂質を排除した食生活はおすすめできません。健康的な肌は、必要な分の皮脂を分泌することで外部の刺激から守ったり、肌の水分量を適切に保っています。過剰に脂質を排除してしまうと、肌を守るために必要な脂質まで失ってしまい、乾燥肌の原因を作ることになります。

また、糖分を多く含む食品を食べすぎると、ビタミンBは糖分の分解や吸収をするために消費されてしまいます。ビタミンBの不足は肌荒れを悪化させる恐れがあるため、ケーキのような甘いものの食べ過ぎには注意が必要です。

肌荒れを改善してくれる食品

食べることで、肌荒れの改善が期待できる食品をご紹介します。

肌荒れは便秘が原因の場合もあります。便秘は体外へ毒素を排出させづらくし、肌荒れを招いてしまうのです。
野菜や海藻類のように食物繊維が多い食品は、腸内環境を整えて便秘を予防してくれるので、野菜や果物をたっぷり使ったスムージーは健康的な肌を作るのに役立ちます。

可能であればできるだけ生のまま、皮ごと食べられるような食品を食生活に取り入れるようにしましょう。
スムーズな消化のために必要な酵素や、肌の健康を維持するために大切なビタミン類を壊さずに摂取することにつながります。
少しずつ食生活を見直して肌荒れのない、本来の肌を取り戻しましょう。



美を求める女性のためのサイト

バストアップ

体を動かす

化粧品


Copyright © 2017 ViLady|美を求める女性のためのサイト. All Rights Reserved.