肌荒れは体の不調を示すサイン? 注意すべき生活習慣

肌荒れは体の不調を示すサイン? 注意すべき生活習慣

 
疲れを感じたときや体調不良のとき、肌がくすんで顔色が冴えなかったり普段はできない箇所にニキビや吹き出物ができてしまったという経験はありませんか? それは、体の調子が肌に表れているからかもしれません。
ここでは、体の内側から美しくなって美肌を手に入れるために、注意すべき生活習慣についてご紹介します。

肌荒れと体内の不調のかかわり

なぜ、内臓の不調が肌に表れてしまうのでしょうか?
人間の体には、生きていくために必要な浄化作用が備わっています。さまざまな原因により、内臓の機能が低下すると毒素や老廃物を体外へと排出しづらくなります。その結果、充分に浄化できなかった余分な栄養素や老廃物がニキビや吹き出物というかたちになって皮膚に表れるのです。

肌を清潔に保っても治りづらいニキビや肌荒れがある場合は、内臓の不調を疑ってみることをおすすめします。
肌が荒れる部位によって「どの内臓に異常をきたしているか」が分かるとも言われているほどです。
たとえば、唇は内臓に近い性質を持った器官であると考えられています。そのため、暴飲暴食で胃を酷使すると、唇に影響が現れると言われています。唇周辺の慢性的な荒れや、口角が切れて出血するといった症状がある場合は胃炎の疑いがあるため、胃腸を休めるために消化の良いものを食べるようにしましょう。

内臓の調子を整える方法

肌荒れは体の不調を示すサイン? 注意すべき生活習慣

適度な水分の摂取は、内臓が持っている自浄作用を強めたり便秘を防ぐ効果が期待できます。だからといって、水をたくさん飲めば飲むほど良いというわけではありません。
大量の冷たい水の摂取は、体を冷やして不調を呼び込んでしまう恐れがあります。
また、水分だからといって、アルコールやカフェインが多く含まれた飲料をとりすぎは控えましょう。アルコールやカフェインには利尿作用があるため、体外へと水分を排出してし、かえって水分不足を招き美容に悪影響を及ぼしてしまいます。
できれば常温の純粋な水を、1日1.5リットル~2リットル程度を、数回にわけて飲むようにしましょう。
また、塩分のとりすぎは内臓に負担をかけますから、余分な塩分を体外へと排出してくれるカリウムが含まれた食品を積極的に取り入れるようにすると効果的です。パセリやアボカドといった野菜や、昆布のような海藻類にカリウムが多く含まれています。

注意したい生活習慣

睡眠不足やストレスは内臓の不調と深い関わりがあるため、生活習慣の乱れで肌の状態を悪化させることは大いに考えられます。
睡眠不足の状態に陥いると、体は疲労から充分な回復ができない状態になり、皮膚にできた傷を修復するための成長ホルモンの分泌が大きく減ってしまうことにつながるのです。
また、胃や腸はストレスに弱い器官であるといわれており、過度なストレスを受けることによって下痢や便秘などの症状を起こす可能性があります。そのため、充分な睡眠時間をとり、ストレスを溜めこまない生活を送ることが肌荒れを起こさないために大切です。



美を求める女性のためのサイト

バストアップ

体を動かす

化粧品


Copyright © 2017 ViLady|美を求める女性のためのサイト. All Rights Reserved.