胸の位置が低い人は原因をつきとめて改善しよう

胸の位置が低い人は原因をつきとめて改善しよう

 
女性のバストは大きさだけでなく、形も重要です。
中には小さい胸だし、バストの形にも自信がないと悩んでいる方もいると思います。
小さい胸で、バストの形に自信がない方は、もしかしたらバスト自体の位置が低いのが原因かもしれません。
バストの位置が低い理由と対策について紹介します。

バストの位置は低いのはなぜ?

バストの位置が低い胸のことを、一般的に垂れ胸と言います。
女性の体幹部の太さは首からウエストにかけてサイズが細くなっていくものですが、トップバストの位置が低くなることによって、バスト自体のサイズが小さく見てしまうかもしれません。
自分が小さい胸だと思っている方も、もしかしたら胸自体のボリュームはあるのに、垂れ胸のために自分の胸が小さいと思いこんでいる可能性があります。
以下に理想のバストの位置を簡単にチェックできる方法を挙げます。

あなたのバストは理想の位置?簡単チェック法

胸の位置が低い人は原因をつきとめて改善しよう

バストトップ(乳首の位置)が肩と肘を結んだラインのどの部分にあるかで判断します。

・バストトップが肩と肘を結んだラインの真ん中より上の方
あなたのバストは理想の位置にあります。 
・バストトップが肩と肘を結んだラインの真ん中より下の方
あなたのバストは理想の位置より下方にあります。垂れ胸の可能性があります。

垂れ胸の原因と対策

生まれつき胸の位置が低いという人もいれば、日々の習慣によって知らず知らずのうちに胸が下垂してしまうこともあります。
以下に、垂れ胸の原因となる生活習慣について挙げていきます。

・正しいサイズのブラジャーをつけていない
正しいサイズのブラジャーをつけていないと、十分なサポート力が得られずに、バストの肉が流れてしまったり、揺れが大きくなることで、胸の位置が低くなる原因となります。
また、ブラジャーは一日中つけているとずれてくることもあるので、意識して直すようにしましょう。

・姿勢が悪い
姿勢が悪くなると、バストを支える筋力が衰えるだけでなく、血流も悪くなります。血流が滞ると、バストに必要な栄養や女性ホルモンの流れも悪くなり、十分な供給がいかずに、バストが下垂する原因となります。
普段から姿勢を意識し、体が冷えないように注意しましょう。

・運動時の胸の上下の揺れ
バストの形成する組織には、クーパー靭帯と呼ばれるコラーゲン繊維の束があり、バストを釣り上げています。クーパー靭帯は、激しい運動により、胸が上下に揺れることで、切れてしまったり、伸びてしまい、バストが下垂する原因になります。一度切れてしまったクーパー靭帯は元には戻りません。
日頃から運動の際はサポート力のあるスポーツブラを使用するようにしましょう。

・バストサイズの急激な変化
急激なバストサイズの変化はバストの下垂の原因になります。特に女性は出産でバストが大きくなり、その後皮膚が伸びてしまい、胸が垂れやすくなります。同様に、急なダイエットも皮膚の伸縮が追い付かずに、バストが下垂する原因となります。
急激な体重の増減を起こすような、ダイエットは控えることで垂れ胸になるのを予防できます。

垂れ胸は日々の生活習慣で改善することができます。あなたも早速垂れ胸を防ぐ生活を実践して下さいね。



美を求める女性のためのサイト

バストアップ

体を動かす

化粧品


Copyright © 2017 ViLady|美を求める女性のためのサイト. All Rights Reserved.