「巻き肩」が実際のバストを小さく見せる理由と改善方法

「巻き肩」が実際のバストを小さく見せる理由と改善方法

 
スマホやPC、タブレットを一日中使用する方が増えてきています。
もはや生活に欠かすことのできないこれらの電化製品。
しかしスマホやPCの使い過ぎで、巻き肩になる人が増えていることが問題となっています。
巻き肩によってボディラインが崩れ、バストが小さく見えてしまうことも……。
ここでは、巻き肩の特徴と改善方法を紹介していきます。

巻き肩の特徴と原因

巻き肩とは、肩が前方内側にずれてしまっている状態のこと。
横から見た時に肩から腕にかけてのラインが中心に寄り、姿勢が悪く見えてしまいます。

一方で、巻き肩の主な原因は姿勢の悪さです。
長時間パソコンなどを使い続けていると筋肉が硬くなり、肩が内側にねじれてしまいます。
さらに、猫背気味の人や横向きに寝る人も要注意。
猫背気味の人は肩の筋肉が衰えやすく、巻き肩になりやすい状態になっています。
横向きに寝る人は肩が内旋しやすく、クセがつくと巻き肩になってしまうこともあるので注意しましょう。

あなたは巻き肩? チェック方法とは

PCの使いすぎや猫背など、思い当たる節のある方はまず巻き肩チェックを行ってみましょう。
●立った状態で両腕の力を抜き、身体の横に垂らします。
→このとき、手の甲が体の外側を向いている……問題ナシ
→手の甲が斜めや前方を向いている……巻き肩の恐れ
もし巻き肩に当てはまる恐れがある方は、巻き肩を改善する必要があります。

巻き肩になるとどんな問題が起きるの?

巻き肩になると、血液の流れが悪くなり肩こりや眼精疲労を起こしやすくなります。
場合によっては腕が上げにくくなってしまうことも。
さらに、肩が内向きになると背中が丸まるため、内蔵が圧迫され代謝が下がります。
その結果、冷え性や便秘になったり、太りやすい体になってしまう場合があるのです。

バストが小さくなる

バストと姿勢は深く関係しています。
巻き肩によって猫背の状態になると、バストにハリがなくなり小さくなったように見えてしまいます。
また、バストを支える力が衰えるため、若いうちからバストが垂れる原因にもなってしまうのです。

巻き肩を矯正して美しいバストを手に入れよう

「巻き肩」が実際のバストを小さく見せる理由と改善方法

巻き肩はバストを小さく見せるだけでなく、バストの成長をも妨げてしまいます。
美しいバストを手に入れるためにも、しっかりと矯正を行いましょう。

【タオルでストレッチ】
1.タオルを肩幅より広い位置に、両手で逆手に持ちます。
2.タオルを持ったまま、後ろに反るようにバンザイをします。
3.その状態で30秒間キープしましょう。

【ひざ立てストレッチ】
1.足を肩幅程度に開き、つま先を立ててひざ立ちします。
2.首と上半身をゆっくり後ろに反らし、両手で足首を掴みます。
3.その姿勢のまま胸元を前方に張り、体を弓なりにして10秒間キープしましょう。

【伸び&深呼吸ストレッチ】
1.腕を伸ばし頭の上で手を組みます。
2.深く深呼吸をしながら、やや後ろに反るように腕を思いっきり伸ばしましょう。

巻き肩は姿勢の悪さが原因ですが、長時間のPCの使用は避けられないという方もいるでしょう。そのような場合は、1時間に1回程度休憩を入れて、ストレッチなどで肩の筋肉をほぐすことを意識して下さい。
巻き肩が改善し姿勢がキレイになれば、自然とバストの形もキレイになっていきますよ。



美を求める女性のためのサイト

バストアップ

体を動かす

化粧品


Copyright © 2017 ViLady|美を求める女性のためのサイト. All Rights Reserved.